毎年、日焼け対策に頑張っている方も多いと思いますが…

日焼け対策は暑くなってからでは遅いという事をもちろんご存知ですよね?

そんな多くの女性の憧れである「美白肌」のために春からスタートすべき理由をまとめてみました‼

なぜ日焼けは良くないのか?

紫外線は、身体にさまざまな影響を及ぼします。

ただ、肌が黒くなるだけではない日焼けのリスクをご紹介します。

「紫外線」の種類でも違いがあります

害のある「紫外線」には主に【UVA・UVB】の2種類があります。

【UVA】:黒くなる日焼けで、肌の奥深くにまで到達しジワジワ肌にダメージを与える

→しわやたるみなど肌の老化の原因となる紫外線です。

【UVB】:赤くなる日焼けで、UVAより紫外線総量は少ないけれど、皮膚や目への害が強い。

→表皮にやけどなどの皮膚トラブルを引き起し、シミやそばかすの原因となる紫外線です。

日焼けすると老化する!

紫外線によりメラニン色素の沈着が起き、シミやそばかす、肌のくすみなどが生まれるだけでなく、

肌の弾力が失われ、しわやたるみの原因にもなります。

また、日焼けして乾燥した肌は、きちんとケアしないとゴワつきカサカサの肌に。

なんと、肌の老化の約80%は紫外線が原因とされているのです。

これを「光老化」と呼んでいます。

今はまだ平気だから、と紫外線対策を怠っていると、年を取るにつれてどんどん肌が老化していく

リスクが高まります。できるうちからきちんと日焼け防止することで、若々しい健やかな肌をキープすることができます。

日焼けでやけど

そもそも日焼けで肌が赤くなった状態は、軽度の熱傷、つまりやけどです。

強い紫外線を1日中浴びるなどしてひどい日焼けをした場合、肌に水ぶくれができたり皮がむけたり

ヒリヒリ熱く感じたり、ひどい場合は発熱や吐き気といった症状が出ることもあります。

熱いものを触ってしまった時などのやけどに比べると面積が広いことが多いので、症状が深刻化する恐れも。

皮膚がんのリスクが高まる‼

紫外線を浴びると、皮膚の細胞のDNAが損傷します。

普通ならこの損傷は修復できるものなのですが、修復力を上回る損傷が起きると、

傷ついた状態のDNAが誤った書き換えを起こして突然変異が発生します。

その結果皮膚がんを発症してしまいます。

『大量に強い紫外線を浴びる』

『長年紫外線を浴び続ける』

『加齢により修復速度が遅くなる』

などが原因として挙げられるため、年齢を重ねれば重ねるほど、また紫外線を浴びれば浴びるほど気をつけなければいけません。

子供の日焼け対策

年々強くなる紫外線。最近では大人だけでなく、赤ちゃんや子どもに向けた日焼け止めや紫外線対策グッズもよく見かけるようになりました。

子供の「日焼け止め対策」は必要です‼

小学生ともなれば、夏になると真っ黒な肌で元気いっぱいに遊びまわっているイメージがありますよね。

その日焼けも適切な紫外線対策が行われていなければ、火傷のような日焼けをしてしまったり、しわやシミの原因にもなります。

またこれを長年繰り返してしまうと良性・悪性の腫瘍や白内障のような病気を引き起こすこともあると言われています…。

小学校によっては、日焼け止めクリームを持ってくる事を禁止している所もあるようです。

その場合はせめて朝にたっぷり塗って送り出してあげる事で少しは防げるかもしれません。

早ければ早いほど、赤ちゃんの頃からでも日焼け止めを含む色々な紫外線対策は必要となってきます。

お子さんの肌を小さな頃から守ってあげませんか?

子どもへの日焼け止めの選び方‼

子供に日焼け止めクリームを塗る際、やはり気になるのは『肌への負担』です。

安心なのはやはり「子ども用」や「赤ちゃん用」と記載されている物から試してみる事です。

次に注目するポイントは『塗りやすさ』です。

赤ちゃんや子どもはじっとしていません。そのような場合ママがさっと手軽に塗ることができるタイプだと安心です。

そして最後は『落としやすさ』です。

専用のクレンジングが必要なものは、それだけ紫外線対策としては有力ですが、その分肌に負担がかかりやすくなります。

できれば石鹸だけで落とせるようなものが安心ですね。

合せ技で色々な日焼け対策を‼

肌が敏感な赤ちゃんや子どもへの負担を考えると、日焼け止め以外での紫外線対策も有効に取り入れていきましょう。

必須アイテムの『帽子』を被らせましょう。

ツバが広めの帽子を被らせるとさらに効果的です。

暑がって被らない子もいるかもしれませんが、キャラクター物や自分で選ばせた帽子などは被ってくれやすいので試してみて下さい。

紫外線を反射させるため『白や淡い色』の服をチョイスしましょう。

逆に黒や色の濃い物は避けたほうがいいと思います。

これだけでもかなりの効果が期待出来ると思います。

日焼け止めと紫外線対策に効果がある帽子や衣類を合わせて、お子さんを紫外線から守ってあげましょう‼

紫外線量が多い時期は?

夏に近づくと気になる「紫外線」

その「紫外線」は1年中降り注いでいますが、季節によって強まる時があるのをご存知ですか?

「紫外線」が1番強い時期

紫外線が1番強い時期は【5月から8月】にかけてです。

つまり、まさに梅雨前の今頃から夏の終わりにかけてなのです。

また、時期だけでなく、時間帯や天候でも紫外線量は変わってきます。

例えば、お昼の時間帯などは1日のうちでもっとも紫外線が多い時間帯です。

そして、梅雨の時期は紫外線が少ないと思われがちですが、実は紫外線が多い時期になります。

梅雨は晴天の時と同じくらい紫外線が降り注いでいるため、念入りに紫外線対策をおこなう必要があります。

気象庁の全国の紫外線解析データで、全国の56地点別に調べることができる1年のUVの量の推移が分かるグラフです。

地点別で違いはあるものの、やはりこのグラフを見ても【5月から8月】が最も「紫外線」の多い時期になっています。

日焼け止めランキング

これだけ年間通して「紫外線」を浴びてしまうのですから、より効果的な日焼け止め対策をしたいですよね。

そこでおすすめの「日焼け止めランキング」をご紹介します。

・【大容量】 ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 85g (通常品の1.7倍) 日焼け止め SPF50+/PA++++

『口コミ』

日焼け止めは定期的に塗りなおしをして防ぐ事が重要でその点で言うと着け心地がいいのでこの製品はいいですね

正直日焼け止めは、定期的に塗りなおし、きちんとつける事が出来ればどれも同じです。

この商品は着け心地がいいのでお勧めですね。

・ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス 日焼け止め 70g SPF50+/PA++++

『口コミ』

仕事柄、紫外線を年中大量に浴びるので日焼け止めが必須なのですが、汗をかいたり、汚れで肌傷がつくので塗り直しがなかなか出来ないのが難点でした。

この商品は、先ず塗り心地がかなり良く、白浮きもありませんでした。

塗った後もベタベタならないので気に入りました。

・アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

『口コミ』

それより、南の島に行った時にはほとんど焼けずに過ごせました。もちろん、日焼け止め以外の予防はしていましたが、あえて塗らなかったところだけは真っ赤に焼けてしまっていたので、やはりアネッサの効果はすごいなと思いました。

・La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 【日やけ止め・化粧下地】UVイデア XL プロテクショントーンアップ SPF50+/PA++++ 30mL 

『口コミ』

ラロッシュポゼの日焼け止めは好きで毎年買っています。

今回化粧下地にもなるこちらを購入。

私はあまり化粧直しをしないので、これだと下地にトーンアップ効果があって化粧直ししなくても肌の明るさが保てます。

・スキンアクア (SKIN AQUA) 透明感アップ トーンアップ UV エッセンス 日焼け止め 心ときめくサボンの香り ラベンダーカラー 80g SPF50+ / PA++++ カラーコントロール成分配合 

『口コミ』

もう3個目リピートしています。

私の肌は荒れやすいのですが、これは問題なく使えます。乾燥も気になりません。

日焼け止め効果もバッチリです。これをちゃんと塗ってれば夏場でも日焼けは気になりません。この価格帯ではかなり効果が高いと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい‼

日焼け対策 まとめ

「家の中では塗っていません」「朝1回塗るだけで、塗りなおしはしないです」といった声をよく耳にしまが…

実は、室内にいても「紫外線」は届いているというので、室内にいるときでも日焼け止めを塗るのをおすすめします。

また、こまめに塗り直す事も大切ですね‼

適度な日光浴は必要です。

しかし、過度な紫外線はシミの原因となるだけでなく、シワ、たるみなどの光老化を生じ、免疫機能を低下させ、皮膚がんリスクを高めてしまいます。

お子さんのお肌を守り、家族みんなの肌を守るためにも、今から「紫外線対策」を考えてみて下さい‼

“ボディケア”は正しく出来ていますか?日焼け対策やNGな方法を見直して美ボディをゲット♪